テーブルコンロとビルトインガスコンロってなにが違うの!?

今回はテーブルコンロとビルトインガスコンロの違いについて徹底解説していきます!

ガスコンロの種類を確認しよう!

まずコンロを交換する際に必ず注意すべき点は、コンロを設置するキッチンの形状により取り付け可能なコンロの種類が異なるということです。

ガスコンロには、ビルトインコンロとテーブルコンロがあります。

この2種類は形状が違うので、購入する際や工事の際は基本的に今と同じタイプのコンロをご選択ください。


ビルトインガスコンロとは?

ビルトインガスコンロはシステムキッチンに埋め込むタイプのガスコンロです。

空間と一体化する美しくおしゃれな見た目で人気を集めており、現在では新築の戸建てやマンションなどで標準的に設置されていることも珍しくありません。

老朽化で古くなった台所をリフォームする際に、システムキッチンを取り入れてビルトインコンロを採用するという方も増加傾向にあります。

最新機種では様々な便利機能はもちろん、毎日のお手入れのしやすさにも配慮されています。

魅力あふれるビルトインガスコンロの特徴をご紹介いたします。


デザインが洗練されて統一感のある雰囲気

ビルトインガスコンロはシステムキッチンに組み込んで設置するため、空間デザインに統一感を出すことができます。

テーブルコンロではガス栓がむき出しですが、ビルトインコンロの場合はガス栓を台の下に隠すので見た目はスッキリ。

テーブルトップの色や材質は多種多様。強化ガラスやガラスコーティングされたホーローの天板は美しさだけでなく強度にも優れています。

使いやすさにこだわって設計されたグリルとコンロ操作部も、お好みのデザインからお選びいただけます。

操作部がカンガルー収納タイプなら、使わない時には隠せるためフラットな景観を保ちます。


汚れにくく、お掃除が楽!

なんといっても最大の魅力はお掃除がカンタン!

ビルトインコンロはキッチンと一体化するため隙間や段差が少なく、お手入れがしやすいように配慮された設計と言えます。 ゴトクは従来よりも軽量化され、形状も優しいフォルムで洗いやすく掃除がしやすくなりました。 天板は、高強度で美しい見た目のガラストップ、安価で衝撃に強いホーローにガラスコーティングを施したガラスコートが清掃性に優れています。 吹きこぼしや調理中の油ハネなどの汚れがこびりつきにくく、ふきんでサッと簡単に汚れを拭き取ることができます。 一番掃除が面倒なグリル内ですが、フラットで洗いやすい構造の製品がほとんどです。 また、グリル調理で発生するニオイや煙を大幅にカットできるオプション品の使用もできるのでさらに魅力的です!


なにせ使い勝手が良すぎる!

ビルトインコンロは最新機種から安価なモデルまで、コンロやグリル機能が充実した製品が多数ございます。

現在販売されているほとんどの機種では、高火力から超弱火までの簡単調節はもちろん、鍋底の温度を検知して焦げ付きを防止したり、自動で温度調節することもできます。

幅広ワイドタイプのグリルなら、使い勝手が良く一度にたくさんの食材を調理することができるようになりました。

多種多様なお料理を簡単に楽しめるよう、焼き加減や時間を自動調節するオートグリルやノンフライ調理、オーブン料理や煮物対応など快適サポート機能も多数搭載。

スマートフォン連動で火加減調節や、出来上がり時間のお知らせなどが可能な製品もございます。


安心機能が多数搭載されている

火を使うコンロだから、もちろん安心機能は重要です。

最新ビルトインコンロなら、チャイルドロック機能はもちろん、地震などで揺れ