エコキュート370Lと460Lどちらを選べばいい!?違いを徹底解説!

エコキュート370Lと460L。どちらを選べばいいの?違いは?

疑問に思われてるお客様が多くおられます。

違いや選び方など解説いたします!

エコキュートの容量は大きく分けて2種類です。

・370L

・460L


エコキュートの形

・角型

・薄型


エコキュートの容量の意味と実際に使えるお湯の量

『370Lタイプのエコキュート』というのは、貯湯タンクの容量が370Lという意味です。 1日で使用できる湯量が370Lという訳では無く、もっとたくさん使えます。

エコキュートは65℃~90℃の熱湯を370ℓ貯めておき、水で薄めて適温にして使います。

そのため、実際に使えるお湯の量はどれくらいかというと、370Lのエコキュートであれば約650L、460Lのエコキュートであれば約750Lと言われています。

当然、使うお湯の温度や、外気温などによっても変わってきますので一概には言えません。


選ぶ基準は「家族の人数」

だからどっちを選べばいいの!?

一番わかりやすい選び方はズバリ「家族の人数」です^^

370Lでしたら2〜4人向け。

460Lでしたら4〜5人向けです^^

メーカーはどれも機能はさほどかわらないですが、気になる方はあさでんまでお気軽にお問い合わせください^^



エコキュートの角型と薄型の違い

さらに分類として角型と薄型があります。 これは容量の違いではなくあくまで形状での分類となりますので370Lタイプでも、460Lタイプでも角型か薄型かを選ぶ必要があります。

角型タイプは正方形に近く、薄型タイプはその名の通り長方形に近い形をしています。

標準は角型タイプですので出荷量の違いもあり同じ容量であれば角型タイプの方が値段は安いです。

つまり薄型タイプは家の外壁から隣地までのスペースの問題で角型を設置できないときに選択します。


まとめ

エコキュートの選び方のまとめです^^

360Lと460Lは家族の人数で選ぶ。

立地条件などで角型と薄型を選ぶ。

以上ですが、「やっぱりわからない!実際家に見に来て欲しい!」

というお声もございます。

いつでもお気軽にあさでんまでお問い合わせください^^



#エコキュート

#大阪